TOP インフォメーション

インフォメーション:人事担当メッセージ

「顔が見える」人材創業プロデュース企業、オメガコンサルタンツで働く、人事担当者からのメッセージ。

人材コンサルティング事業部 ゼネラルマネージャー 原 榮一

人材コンサルタンツは手に職の仕事。
自分で仕事を見つけて、アクションを起こせる方を育て、共に働いていきたい。

私たち人材コンサルタンツの仕事は、一般的にいう「営業」とは異なり、「誰にどんな人材を紹介すればマッチするだろうか」というオメガコンサルタンツ独自の業界のなかで蓄積したノウハウをもとにお客様にアタックし、お話を十分に伺った上で提案を行って行き、成約を勝ち取っていくB to B営業のスタイルです。ですから、営業マン一人ひとりが自分の名前を看板にしながら活躍できる場があります。入社後は、業界を熟知した人材コンサルタントとして生涯を通じて仕事ができるような専門的な職業だとご理解していただければと考えます。この度オメガコンサルタンツに興味を持っていただけている学生さんにも、自分は『人材コンサルタント業を手に職としてやっていくんだ』という気概を持って臨んでいただければと思います。ただのサラリーマンとして受け身ではなく、自ら道を切り開けるような方たちと共に働いていきたいと思っています。

建設業界で人材コンサルタントが存在する意味。
オメガの強みを知れば、人材コンサルタントという仕事の深みが分かる。

私はオメガコンサルタンツに入社する前は、美容業界の企業で人事部教育担当をしていました。そこでも人材に関係した部署にいたわけですが、業界的には全く違います。だからオメガコンサルタンツに入社した当初は建設業界の事情が始めはいまひとつ掴めませんでした。しかし、「なぜ建設業界の会社が技術者・有資格者などの人材を求めるのか」、そしてそこに「どうして人材コンサルタントの存在が必要なのか」が理解できると、仕事の進め方も分かってくると思います。どんなに大手のスーパーゼネコンであっても基本的に建設業界は受注産業であること、そしてその仕組みと人材の動きを知ること、それがこの会社のノウハウの一つでもあります。ですからひとえに紹介派遣業といっても単純な業務ではありませんし、そこには特化した業界に根差した長年の経験とノウハウの蓄積が物を言います。ぜひオメガコンサルタンツの強みを理解して、弊社での仕事の魅力ややりがいを感じとってもらいたいと思います。